本文へ移動
有限会社渡建
〒989-1302
宮城県柴田郡村田町
大字小泉字豊田3-1番地
TEL:0224-83-6036
FAX:0224-83-6037
木造住宅 鉄骨住宅 
各種リフォーム 外構工事
設計 施工

 
 
0
5
1
1
4
3

STAFF BLOG

スタッフブログ

こんな時どうする?#03

2019-07-30
カテゴリ:編集部 渡邊雄一
Q.家の見積りをもらったら金額が予算オーバー。その時あなたならどうする?
 
1.値引き交渉をする。
2.どのようにしたら価格が抑えられるか相談する。
3.他の会社に相見積もりを依頼する。
 
 
 
 
正解.2
 
予算に合わないのであればどのようにしたら価格を押えられるのか相談するのが一番の近道です。 どこの工務店も施工方法に多少の違いはありますが、予算に応じた家を作ることは可能です。(ただし、必要最低限の金額はかかりますが)
見積りを作るくらい打ち合わせを重ねていれば、ある程度話しもスムーズにできると思います。
その際に、自分の要望に優先順位をつけてください。
 
例えば、
①リビング階段
②対面キッチン
③寝室8畳+WIC
・・・・・
⑮ガレージ
 
というように、リスト化して相談すれば、建てる側との意思疎通がうまくできるはずです。
『必ずやりたい事』『予算が余ったらやりたい事』『あってもなくてもいい事』という感じでグループ分けしてもいいです。
逆にそこまで相談できる関係になっていないとだめだということですね。
 
 
 
1.値引き交渉をする
 
値引き交渉してみる方もいるかもしれません。 『交渉してみたら300万円値引きしてもらった!やったぜ!』 安くなってよかった。 よく考えてみてください。もし話しをしなかったら値引き無しだったのでしょうか?もともと値引きできるような見積金額だったのでしょうか?そして、無理やり値引きした金額は、建物の見えない部分で材質を落されたり、職人さんの工事代金で叩かれたりします。 職人さんは面白くないですよね・・・
これ以上は私の口からは言えません。
以上の点からオススメはしません。
 
住宅業界の値引きの不思議については下記リンクに記載
 
 
 
3.相見積もりをしてみる
 
相見積もりが悪いことではありません。 家の価格の相場を知ることは重要な事です。 しかし、他の会社の見積り書金額を提示して、これよりも安くならないの?は、おすすめできません。
各会社仕様が異なるので、金額に違いがでるのは当然です。 今は、相見積されても値引きする会社は無くなってきましたし、建てる側の立場からしても、あまり気分のいいものではありません。建築そのものを断られる場合もあるので注意が必要です。
 
 

アドバイザー
渡邊雄一
YUICHI WATANABE
二級建築施工管理技士
相続診断士
 
高校、大学を経て某自動車メーカーに就職。設計に携わるも、不透明な価格表示の住宅業界に疑問を持ち、25歳から渡建で働くことに。オンラインの世界にいたり、ゲレンデにいたりと神出鬼没。いつもやさしい顔をしているが彼の真の姿を見たものは数少ない。地元を元気にしたいという思いから、仙南マルシェを立ち上げる。