本文へ移動
有限会社渡建
〒989-1302
宮城県柴田郡村田町
大字小泉字豊田3-1番地
TEL:0224-83-6036
FAX:0224-83-6037
木造住宅 鉄骨住宅 
各種リフォーム 外構工事
設計 施工

 
 
0
4
7
8
1
7

STAFF BLOG

スタッフブログ

編集部の深イイ小技 #01 クロス(壁紙)補修 編  ~DIY~

2019-02-16
カテゴリ:編集部
 
 
編集部の深イイ小技  #01
 
 
クロス(壁紙)補修 編 
~DIY ~
 
 
 
今回は、クロス(壁紙)のはがれを補修します。ちょっとしたコツや注意点も教えますよ。
 
 
 
ポイント
・専用のり
・ドライヤー
・ローラー(ガラス瓶)
 
 
先日、福島の実家からクロスのはがれを直し
て欲しいと言わていたので、、
行ってきました。
 
 
築15年の家ですが、2階の寝室のドアの上のクロスがはがれて、反って、開いる状態でした。
 
まず、クロスを貼り付ける のり をつけるためにカッターを入れ少しはがします。
クロスの開きが小さいのであらば、ジョイントコークでそのまま埋めてしまう方法もあります。
 
  ※ジョイントコークは後でまた
         説明します。
・クロス補修用のり
すき間に のり を詰めていきます。
(のりを爪楊枝で入れ込みました)
 
この時にクロス補修専用ののりやボンドを使用ください。
ホームセンターなどで売っています。
 
木工用ボンドなどでもいいような気もしますが、のちのちクロスを貼り替えようと思った時に、木工用ボンドでは下地と完全に固まった状態でくっついてしまい、綺麗にはがせず、仕上がりが悪くなります。
 
 
・ドライヤー
ここでドライヤーを使用します。
クロスの材質がビニールクロスの場合ですが、、
 
※ビニールクロスは、日本の多くの住宅で使われています。ポリ塩化ビニール樹脂をシート状にし、紙で裏打ちして表面に型押し加工やプリント加工などを施したものです。
 
 
強く反っている状態のビニール素材のクロスを熱で柔らかくして、その上でローラーをかけていきます
 
※ローラーは、ホームセンターで500円~600円くらいで売っていますが、ガラスの瓶でも代用できます。円柱のジャムの瓶や薬の瓶があれば、圧力をかけながら転がすことで同じ機能を果たしますよ。
 
ローラーでころころと転圧をかけたあとに、はみ出たのりをタイルでふき取り、まだ、すき間がある場合は、ジョイントコークで埋めていきます。
 
ジョイントコークを付けた後は、指でなじませていきます。
 
余分なジョイントコークは、タイルでふき取ってください。
 
水溶性なので、タオルで綺麗にふき取ることができます。
 
 
※ジョイントコークとは
壁紙や水性塗料との接着性に優れており高耐湿性で水分による壁紙の剥離を防止します。   ホームセンターで売っており、ちょっとしたクロスの隙間を埋めるのに重宝します。
 
 
 
 完成です。